第1章 総則

(この会の目的)

第1条 浜松情報専門学校同窓会(以下本会という)は、会員相互の親睦を図り、母校の事業を後援することを目的とする。

(事務所の設置)

第2条 本会は、本部を浜松情報専門学校内に置く。

第2章 会員

(会  員)

第3条 本会は次の会員をもって組織する。
(1)正 会 員  浜松情報専門学校を卒業した者
(2)特別会員  浜松情報専門学校現職員および旧職員

第3章 役員及び顧問

(役員の構成)

第4条 本会に会長1名、副会長2名、幹事および監事若干名、会計1名、書記1名を置く。

(役員選出の方法)

第5条 幹事は各卒業期を代表し推薦される者のうちから役員会で選出する。会長および副会長は幹事の互選により、監事は会長が役員会の意見をきいて指名する。
会計及び書記は浜松情報専門学校に勤務する職員のうちから会長が委嘱する。

(役員の任務)

第6条 会長は本会を統括し、副会長は会長を補佐すると共に会長事故あるときはその職務を代行する。
幹事は本会の運営に参与し、監事は会計を監査する。
会計は会計事務に従事し、書記は庶務を処理する。

(役員の任期)

第7条
  1. 役員の任期は3年とする。ただし、欠員補充のため選任された者については前任者の残任期間とする。
  2. 役員は再選されることができる。
  3. 役員は任期満了後も後任者が選出されるまでその任期を行う。

(顧  問)

第8条
  1. 本会に顧問を置く。
  2. 顧問は母校現任校長に委嘱するほか、特に本会に功労のあった者を会長が推薦し、役員会の同意を得て推挙することができる。
  3. 顧問は重要な事項につき役員会の諮問に答える。また会議に出席して意見を述べることができるが、採決には加わらない。

(職  員)

第9条 本会の業務を処理するため会計、書記の他に学校の職員を委嘱することができる。

第4章 会議

(役員会の開催)

第10条 役員会は必要の都度会長が招集する。

(役員会に付議すべき事項)

第11条 役員会は次の事項を審議する。
(1)会則の変更
(2)予算の可決・決算の承認
(3)役員の改選
(4)会費の決定
(5)その他本会の運営上必要な事項

(議決の方法)

第12条 会議の議事は出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

(会議の議長)

第13条 会議の議長は会長があたる。

(議事録署名人)

第14条 会議の記録は議長および出席者のうちから議長の指名する者の署名を求め保存する。

第5章 会費および会計

(会費の収入)

第15条
  1. 会費は入会のとき会費を納める。
  2. 会費の額は役員会の同意を得て会長が決定する。
  3. 納入した会費は理由の如何を問わずこれを返還しない。

(会計年度)

第16条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

(予算の編成)

第17条 予算は毎会計年度開始以前に会長が編成し、役員の議決を経るものとする。

(決  算)

第18条 収支決算は毎会計年度終了後3か月以内に会長が作成し監事の意見を付して役員会に報告し、その承諾を得て学校に公示し、会員に報告するものとする。

第6章 支部

(支部の設置)

第19条
  1. 本会の支部を設置することができる。
  2. 支部規約は本会則に準拠し定めるものとする。
  3. 支部の設置、規約の制度改廃等は予め会長に報告し、その承認を得るものとする。

付則

  この会則は、昭和62年4月1日より施行する。