いなさ人形劇まつりにこども保育科2年生が出演しました!

2016年 11月 17日 学外研修
11月13日(日)に浜松市北区の引佐町で行われた「平成28年度浜松市いなさ人形劇まつり」にこども保育科2年生が出演しました!

「浜松市いなさ人形劇まつり」は全国のプロ劇団、市内外のアマチュア劇団あわせて約30劇団が参加し、人形劇を披露する日本有数の人形劇の祭典です。
2日間にわたって約34公演が行われ、子どもから大人まで楽しめます。

学生は「人形劇」の授業の中で、人形制作、台本制作、大道具制作、音響(効果音)など、メンバーで協力し合いながら一生懸命取り組みました。
披露した人形劇は「ブレーメンの音楽隊」と「十二支の物語」です。
練習のかいあって劇は大成功!
観客は小さなこどもから保護者・ご年配の方まで約100名おり、劇が終わったら拍手喝采でした!

また、人形劇の上演後は「ふれあいの時間」として実際に人形を触らせたり、子どもたちとの交流もありました。
子どもたち、保護者の方は人形や小道具を間近で見ることができ、また演者と話して楽しんでくれたようです。

人形劇は見る人の想像力を高めます。
学生は今回人形劇を制作し、披露することによって改めて子どもたちの成長について考えることができました!

 

 

 
TOP