こども保育科2年生が幼児体育指導者検定を受験しました!

2017年 02月 22日 浜情ライフ

先日、こども保育科2年生が「幼児体育指導者検定」を受験しました。

幼児体育指導者検定とは、こどもに対して安全で楽しい体育指導をするためのスキルを身に付けることが出来る検定のこと。
試験は学科と実技の2種類があり、1日目に講習、2日目に試験という形で行われます。

1日目は、午前中に「発育発達」「幼児体育論」などの座学講習、午後に「マット運動」「なわとび」「跳び箱」「ボール遊び」などの実技講習を受講しました。
 
実技講習では、実際に身体を動かしながら指導法を学習!

 
 

運動が得意な子だけでなく、運動が苦手な子にも興味・関心を持ってもらえるような遊び方を学びました。みんな楽しみながら講習を受ける様子が印象的でした!
 
ハマジョウのこども保育科では、保育士資格はもちろん、保育現場で即戦力として活用できる技術・能力の習得にも力を入れています。
今回、検定を受講した学生たちも、こども達に運動の楽しさを伝えられる素敵な先生を目指していってほしいと思います♪

TOP