こども保育科2年生が「積み木」を使った授業を行いました!

2017年 05月 16日 浜情ライフ

今日は、先日行われたこども保育科2年生の「造形表現」の授業の様子をご紹介します♪
 
この「造形表現」という授業は、幼児の年齢を考慮しながら、こども達が本来持っている豊かなやイメージや表現力・創造力を引き出していくことを目指しています。
 
この日は、「積み木」を使った授業を実施!
こども達は、積み木で複雑な形を作ったり、友達と一緒に共同作業をしたりすることで、表現力や創造力、協調性などを養っていきます。
この日の授業では、自分たちが実際に積み木で遊んでみることで、こども達のさまざまな能力を引き出すためのテクニックを学習しました☆
 
午前中には、大きな円形のタワーを製作!

 

午後には、グループごとにエリア分けをし、一つの大きな街を創りました!
大人が作るだけあって、大作です!

 
 

みんなで夢中になって取り組んだ「積み木」!
この授業を通して得た知識や経験を、これから保育の現場でも活かしていきたいですね♪
 
TOP