こども保育科2年生が「図画工作」の授業でダンボールハウスを作りました!

2017年 06月 27日 浜情ライフ


こども保育科2年生が「図画工作」の授業で「ダンボールハウス」を作りました!
今日はその時の様子をご紹介します☆
 
ダンボールを切り貼りして作る大きな「ダンボールハウス」は、丈夫で安全な上、絵を描いたり色を塗ったりして自由にデザインできることから、実際の保育の現場でもよく使われています。特に、雨の日が多く外で遊ぶことができないこの時期は、こども達にとって良い遊び場になります♪
 
この日の授業では、グループごとに自分たちでデザインしたダンボールハウスを作り上げました!


デザイン案を基に、ダンボールを必要な大きさに切って…
 

ムラがないようキレイに色を塗っていきます♪
 

最後に飾り付け!みんなとても真剣です!!
 

風船やリボンで装飾したり、こどもが喜ぶ仕掛けを施したり…どのグループの作品も、細部にまでこだわった力作揃い!!
個性溢れる素敵なダンボールハウスが完成しました☆☆
 
 
 
 


どうすればこども達が喜んでくれるか、一生懸命考えながら作業した学生たち!
こうした経験を、これから保育の現場でも活かしていってほしいと思います!!

TOP