こども保育科1年生が「積み木」を使った授業を行いました!

2017年 10月 18日 浜情ライフ


先日、こども保育科1年生が「造形表現」の授業を行いました♪
 
この「造形表現」という授業では、こども達が本来持っている豊かなやイメージや表現力・創造力を引き出すための様々な方法を学んでいきます。
 
この日は、「積み木」を使った授業を実施!
「積み木」は、こども達が遊びながらさまざまな能力を養うことができる知育玩具。複雑な形を作ったり、友達と一緒に共同作業をしたりすることで、表現力や創造力、協調性を養っていきます。この日の授業では、自分たちが実際に積み木で遊んでみることで、こども達のさまざまな能力を引き出すためのテクニックを学習しました☆
 
午前中には、大きな円形のタワーを制作!
 
 



午後には、グループごとに担当を決めて、一つの大きな街を制作しました!!

 



みんなでアイディアを出し合いながら、夢中になって作業した学生たち♪
最後には、色鮮やかで立派な大作が完成しました!!
 
 

 

今回の授業を通して得た知識や経験を、ぜひこれから保育の現場でも活かしていってほしいと思います!
 

TOP