こども保育科 卒業生がんばっています!

2014年 06月 18日 広報

140618_01学校新聞を制作するにあたって、制作業者の担当者さん、ライターさんたちと、東区にあります蒲幼稚園さんへお邪魔してきました!
去年度のこども(医療)保育科卒業生である、鷲瀧 幾美さんが新米先生として頑張っています☆

「小さいころから団地住まいでいろいろな年代の子と接することが多かった。自分自身、大きい子に優しくしてもらったり、小さいこの世話をしたりする中で自然と幼稚園教諭を目指すようになった。」と話してくれました。
また、浜情で身に着けた絵本の読み聞かせの仕方は実習前に授業内で実習リハーサルをして先生に見てもらうことで、その後の実習や今に生かされていると振り返ってくれました。

浜情に入って夢をかなえたたくさんの卒業生たち。まだまだこれからです!!

特に幼稚園教諭・保育士は、日々子どもたちを育てていく中で、自分自身も日々成長です!
体力勝負のこの仕事、大変な毎日の中ですが、やはり子どもたちと接する鷲瀧さんの表情はキラキラと輝いていました(*^^*)

140618_02 140618_03 140618_04

TOP