お知らせ

2020.11.18

こども保育科による「影絵&人形劇」の様子をレポート!

こども保育科では、毎年恒例でシアターポッポの講師の先生監修による演劇の実習を行っています。

今回「いなさ人形劇まつり」で実演をする予定でいましたが、残念ながらコロナの影響で参加を見送ったため、校内にて発表会を行いました☆その様子をレポートします♪♪

 

クラスを「影絵」「人形劇」の2チームに分けて、7月から準備を進めてきました。

題材は子どもたちになじみのある「桃太郎」と「大きなカブ」です。 

 

影絵では、バックからプロジェクターで背景を映し、そこへ切絵で作った人形を映し出します。

学生たちの頭が入らないように、切絵が重ならないように、と調整するのがなかなか難しいところ、、、

 何度も練習した成果が出ていて、バッチリ躍動感のある動きでした☆

保育者らしいハキハキとした読み聞かせ(ナレーション)はとても聞きやすく、はなしに引き込まれていきます☆

 この大掛かりなセットも切絵も人形もなんと!!すべて学生が一から作ったんだそう!

なかなか本格的ですね☆

観客からも笑い声があふれ、喜ぶこども達の姿が目に浮かぶ、ステキな発表でした♪

 

2月に卒業研究の一環で行われる「表現発表」に向けて、もっともっとブラッシュアップできるのが楽しみですね!