誕生する4つのカレッジ

デザイン・クリエイションカレッジ

CADデザイン科

新しいカタチを創造できるデジタルモデラーを目指す。

2年制/男女共学/定員20名

まだ世の中にない製品を
デザインしたい。
そう思ったのは、
みんなの笑顔が見たいから。

ものづくりのまち浜松の製品開発を支えているのがCADの技術。CADは製品のデザイン、図面の作成を行うソフトウェアです。CADの活用技術、デザインスキル、コミュニケーション能力を磨き、国際化する製品設計やプロダクトデザインの未来をデジタルの力で切り拓く人財を目指します。

目指す職種

  • 製品設計技術者

    CADソフトを利用して工業製品の設計を行う人財です。製作工程や材料・部品などに関する深い知識が求められ、経験を重ねることで重要なプロジェクトを担うようになります。

  • デジタルモデラー

    CADソフトの活用技術とデザインに対する知識を持って、設計された製品やデザインを3Dデータにする仕事です。コンセプトを理解し、技術力と創造力で製品開発の工程にかかわります。

  • プロダクトデザイナー

    CADを使ってイメージを具体的に表現し、より洗練されたデザインへと製品のカタチを作り上げていく人財です。デザインセンスだけでな く設計の知識など幅広い知識と経験が要求されます。

  • 生産技術者

    工業製品を設計する技術者や生産工程の検証をする生産技術者の考えを、CADを操作して実際にモデリングしていく人財です。設計・開発の現場で近年女性の活躍が目立っています。

身につけるミライスキル

CADを駆使できる製品設計技術者や
デジタルモデラーを目指せる力。そして活躍できる力。

主な授業・実習の内容

身近にあるものを作図

製図の基本を身につけるために、スマートフォンなどの身近にあるものを実測し、形状をよく観察して作図していきます。

製品イメージのイラストレーション

自分のイメージを相手に伝える技術として、自分の手で描く技術も身につけます。大切なコミュニケーションの手段になります。

ソフトウェアを使ったデータ作成

CATIA V5、Auto CADなどのCADツールを使い、モデリングデータを作成します。経験を重ね、複雑な形状も描けるようになります。

3Dプリンターを使った実物化

実習環境として備える3Dプリンターを活用し、企画した製品を試作します。試作品から問題点を確かめ、強度や精度を高めていきます。

サーフェスモデリング

外から見た形状をデザインするサーフェスモデリングの技術を活用し、自由自在にデザインできるように様々なモデル製作に取り組みます。

オリジナル製品の企画と試作品作成

新しい製品の開発を想定し、オリジナルデザインに挑みます。3Dプリンターなどの加工技術を使って試作品を製作します。

学びの特色

地域密着のカリキュラム

地元の企業からのニーズに応えて地域の産業を実習の中に多く取り入れているため、将来に直結する実践的な学びができます。

世界標準の技術

「CATIA V5」「Auto CAD」など、世界で普及する汎用性の高いCADソフトの活用方法を学び、活躍の場を広げていきます。

充実した設備環境

3Dスキャナや3Dプリンターをはじめ、機械による加工設備とデジタルを融合した環境の中で学ぶことができます。

デザイン力の育成

CADのオペレーション技術だけでなく、自らのイメージを具体的なカタチへとまとめていくデザインのスキルも身につけます。

コミュニケーション能力

チームでのものづくりや新しい製品開発のためのディスカッションで必要となるコミュニケーション能力を養います。

インターンシップの導入

デザイン関連企業へのインターンシップを積極的に行っています。自分に合った企業、職種に就くことができるようにアドバイスしていきます。

取得を目指す資格

  • 2次元CAD利用技術者試験 1級・2級
  • 3次元CAD利用技術者試験 1級・準1級・2級

カレッジトップへ