誕生する4つのカレッジ

IT・テクノロジーカレッジ

セキュリティネットワーク科

ネットワークとセキュリティの技術を持ったエンジニアを目指す。

2年制/男女共学/定員20名

誰にでも、
守りたいモノがある。
僕には、
叶えたい未来がある。

企業活動だけでなく、教育、個人の生活まで社会を大きく変えた世界のオンライン化を支えているのがネットワーク技術、セキュリティ技術です。これらネットワークの技術とセキュリティの技術をハードとソフトの両面から学び、さらなる発展が予想されるネットワーク社会を支える技術者を目指していきます。

目指す職種

  • ネットワークエンジニア

    ネットワークインフラの設計や構築、運用管理を行う技術者。顧客のニーズを収集し、コストと効果のバランスの取れたシステムを提案します。ネットワークに関するあらゆる知識・技術が必要です。

  • セキュリティエンジニア

    情報セキュリティに特化したエンジニア。個人情報の漏洩や機密情報の流出などを未然に防ぐために情報資源の番人となり、セキュリティに配慮したシステム設計や運用の技術が求められます。

  • サーバーエンジニア

    ネットワークを構築するために欠かすことができないコンピュータであるサーバーの設計や運用、管理などを行います。活用がさらに広がるクラウド関連の技術者としても、社会のインフラ構築に携わります。

身につけるミライスキル

情報化社会の安全性と快適性を支える技術力。
そして活躍できる力。

主な授業・実習の内容

クラウドサービスの選定と活用

数多く存在するクラウドサービスの中から、目的にあったものを選び出し、活用するためのスキルを学ぶ実習。実生活でもすぐに役立ちます。

リスクマネージメント

個人情報やパスワードの管理など、ハードウェア以外のリスクについても学び、ネットワーク環境の脆弱性について理解します。

セキュアなWebシステムの構築

サイバー攻撃の脅威を想定して、疑似攻撃演習を行います。テストツールを使用して脆弱性も診断し、問題点を理解していきます。

ファイアウォールの設計

ファイアウォールと呼ばれるセキュリティについて、実際にその役割や機能しなかった際の脅威を体験しながら仕組みを理解します。

Linuxサーバーの構築

代表的なネットワークサーバーのLinuxOSについて理解し、実際にセキュリティを構築してエンジニアのスキルを磨きます。

卒業研究のシステム制作

実社会に求められるテーマを自分で考え、そのために必要なネットワークやセキュリティの仕組みを構築します。未来を想像する力も育まれます。

学びの特色

実践力重視のカリキュラム

情報セキュリティの現場で常に求められるのは対応力。ネットワークを脅かす様々なケースを疑似的に体験して経験を積んでいきます。

ゼロから知識を構築

パソコンの知識がない状態からスペシャリストを目指すことができるカリキュラム。基礎からはじめて高度な知識・技術へとステップアップしていきます。

徹底したICT教育

情報セキュリティやネットワークとかかわりの深いシステム設計についても基本から学び、ICTに強い人財として社会に出ます。

積極的なクラウド化への対応

既存のネットワークシステムやインターネットの技術、サービスのクラウド化に対応。様々なクラウド環境への理解と求められる技術を学んでいきます。

資格取得への挑戦

ネットワーク技術者に求められる資格を中心に、取得を目指して取り組みます。実習と資格対策授業がバランスよく組み込まれています。

取得を目指す資格

  • 情報セキュリティマネジメント試験
  • LPI-JAPAN LinuC レベル1
  • 情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)
  • CompTIA Cloud Essentials
  • 電気通信工事担任者試験 DD1種
  • 日本語ワープロ検定試験
  • Cisco Systems CCNA
  • 情報処理技能検定試験(表計算)

セキュリティネットワーク分野の卒業生 取材記事

教えて先輩!ネットワークエンジニアってどんな仕事?

カレッジトップへ